セミナーは終了しました。

落し物(ICレコーダ SONY ICD-U70) をお預かりしております。お心当たりの方はご連絡ください。

経済産業省委託事業

情報システム取引契約 実務者セミナー

〜判例からみる情報システム取引契約のポイントと実務〜 


● 目的や狙い

企業活動におけるIT 利 用度の重要性が高まる中、情報システムの信頼性、安全性向上は企業の活動、利益に直結した喫緊の課題であります。こうした中、情報システムの信頼性・安全 性を高めるためには情報システム分野における契約事項の明確化やユーザ・ベンダ間の取引関係等の可視化が必要であるとの指摘があり、経済産業省は「情報シ ステムの信頼性向上のための取引慣行・契約に関する研究会〜情報システム・モデル取引・契約書〜」を策定しました。

「情報システム・ソフトウェア取引高度化コン ソーシアム」は、弁護士やソフトウェア取引の有識者、情報システムの利用者、提供者の団体によって、このモデル取引・契約書の普及をはじめとして、情報シ ステムにおける取引の高度化を図るための活動を続けています。

本セミナーは、コンソーシアムの普及策として、 モデル取引・契約書の策定に関わった弁護士、有識者から、トラブル実例や判例に基づいた情報システム取引契約の実務上の留意点を解説をいただくとともに、 契約の果たす役割と、企業法務、調達部門とIT部門がどのような連携を果たすべきかを議論いたします。

企業法務担当者、企業調達担当者、企業IT担当 者のご参加をお願い申し上げます。

● 開催概要

○日時:2010年3月4日(木) 13:00〜17:00                  

○会場:フォーラム8 「700ホール」

    渋谷区道玄坂2-10-7 新太宗ビル7F

     http://www.forum-8.co.jp/space/700.html

○参加料金 : 無料

○定員 : 400名

○主  催 : 経済産業省委託
        情報システム・ソフトウェア取引高度化コンソーシアム


(社) 情報サービス産業協会(JISA)

(社) 電子情報技術産業協会(JEITA)

(社)日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)

(社) コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
  (社)日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)
  特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会(ITC)
  (財)ソフトウェア情報センター(SOFTIC)

● プログラム

13: 00−13:15 「情報システムの信頼性向上に向けた取 引高 度化の重要性」
   経済産業省情報処理振興課長 東條吉朗氏
13: 15−14:10 「判例からみる情報システム取引契約実務のポイント
   ひかり総合法律事務所  弁護士 藤原宏高氏  
14: 10−15:05 「判例からみる情報システム取引契約実務のポ イント
   ブレークモア法律事務所 弁護士 平野高志氏
15:05 −15:15 休憩
15:15−17:00  パネルディスカッション
「安全で安心な情報システム構築における企業部門(IT、法務、調達)の役割とは何か?」

パネラー : 情報システム・ソフトウェア取引高度化コンソーシアム委 員長、
         三木・吉田法律特許事務所 弁護士 吉田正夫氏
       大成ロテック株式会社 監査役 木内里美氏
       株式会社JTB IT企画部長 野々垣典男氏
               フューチャーアーキテクト株式会社 代表取締役社長 COO 安延申氏
コーディネーター: 日経BP社 コンピュータ・ネットワーク局長 桔梗原富夫氏

● お申込み方法: 定員に達しましたので受付終了しました。


● パンフレット


● お問合せ

情報システム・ソフトウェア取引高度化コンソーシアム事務局
財団法人ソフトウェア情報センター
105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-4東都ビル Tel 03-3437-3071  Fax 03-3437-3398
メールアドレス conso-seminar@softic.or.jp