SOFTIC契約セミナー

 

SOFTIC_logo

判例から学ぶ DX時代のシステム開発トラブルを防ぐ知恵
― ソフトウェア開発紛争判例研究会成果報告・その2 ―

テーマ: システム開発における仕事の完成と報酬請求

主催:一般財団法人ソフトウェア情報センター(SOFTIC)

 

新型肺炎(コロナウィルス)への対応について

 SOFTICでは、セミナー等開催にあたり、新型コロナウイルス感染症について、厚生労働省から発信される情報等を参照しながら、対応に努めます。

 ご参加いただける皆様におかれましては、咳エチケットや手洗いなどを徹底していただき、発熱症状等がある場合にはご参加の見合わせ、また、会場入場の際には、アルコール消毒(会場入り口にご用意予定)、マスク着用など、何卒ご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

2020.2.19

※受付、会場内係員は、マスク着用で応対させていただく場合があります。

 

メニュー


■ご挨拶

 SOFTICでは、「システム開発紛争判例研究会」を設置し、システム開発紛争の判例を新旧幅広く取り上げ、2020年4月に施行を控えた債権法改正による影響も踏まえて検討分析を行っております。その検討成果報告の第1弾として、2019年7月、第1回のセミナー(テーマ:契約交渉時に意識すべき問題 @契約の成否、A契約締結上の過失、B契約の性質、C債務の特定、D説明義務)を開催し、ご好評をいただきました。

 第2回となる今回は、システム開発取引においてそれまでの様々な問題が一気に噴出する可能性ある「システム開発における仕事の完成と報酬請求」の問題をテーマに開催いたします。具体的には
@システム開発における仕事の完成とは
Aシステムの不具合と瑕疵担保責任、契約不適合責任
B検査合格(検収)と報酬請求の条件
C仕事の未完成と契約解除の要件

といった論点を含む、下記5判例を取り上げます。

  • 教育委員会CMS事件(東京地判平25・11・27)
    請負人が仕事を完成させたか否かについては、仕事が当初の請負契約で予定していた作業の最後の工程まで終えているか否かを基準として判断すべきであるとし、システムの不具合を検証するためのリモートアクセスを拒絶したことについて、過失相殺が認められなかった事案
  • モバイルゲーム開発事件(東京地判平29・11・21)
    流動的なゲーム開発手法に関し仕事の完成を認めた事案(下請ベンダはアジャイル開発と主張)
  • 新経営情報システム事件(大阪高判平27・1・28)
    元請と下請との間での請負契約の成立が否定されるとともに下請に対する契約締結上の過失に基づく請求が否定された事案
  • フコク物産事件(東京地判平21・7・31)
    通常考え難い多数の不具合が発見されていること等を理由にベンダによる単体テスト及び結合テストが未了(仕事が未完成)であるとして、ベンダの債務不履行責任が認められた事案
  • ダイセーロジスティクス事件(東京地判平9・2・18)
    バグがプログラムの欠陥(法律上の瑕疵)に当たるといえるための要件

 さらに今回は、施行を目前に控えた改正民法について、そのポイントをご紹介します。

●システム開発取引 今からでも間に合う改正民法対応のポイント(研究会メンバー  松尾剛行弁護士)

 DX(デジタルトランスフォーメーション)時代ともいわれる昨今、クラウドやパッケージなどの他社資産をベースとした積極的なシステム投資に舵をきる企業等が増える中、システム開発において過去の失敗例の轍を踏まないためにも、業種やシステム規模等の相違を越えて、過去の裁判例に学ぶ意義は大きいと考えられます。

 ぜひご利用ください。

一般財団法人 ソフトウェア情報センター


■セミナーご案内

開催日時:
2020年2月27日(木)13:30−16:45 ●開場・受付開始 13:00
会場:
アイビーホール「ミルトス」(東京都渋谷区渋谷4丁目4番25号)
TEL: 03(3409)8181
案内図: https://www.ivyhall.jp/access/
講師:
SOFTICソフトウェア開発紛争判例研究会メンバー
定員:
100名
定員になり次第締め切らせていただきます
参加費:
SOFTIC賛助会員:5,500円
一般参加者:11,000円
いずれも消費税込み
主催:
一般財団法人 ソフトウェア情報センター
東京都港区西新橋3-16-11 愛宕イーストビル14階
TEL:03-3437-3071
E-mail: sysk-seminar@softic.or.jp
注意事項:
* 先着順。定員になり次第締め切らせていただきます。
* 講師・内容等は予告なく変更されることがあります。
* 会場でのお食事はご遠慮ください。
* PC等を使用される方は、他の受講者の迷惑にならぬよう、キータイプ音等にご配慮ください。

■プログラム

13:00

受付開始

13:30〜13:35

開会(ご挨拶)

13:35〜13:45

イントロダクション

13:45〜16:40

判例検討・ディスカッション・質疑応答、改正民法解説 *途中休憩あり

16:40〜16:45

総括

16:45

終了

※内容、時間については変更される場合があります。予めご了承下さい。


■お申し込み/お問い合わせ

お申し込みにあたって

オンライン

FAX

お問い合わせ

一般財団法人ソフトウェア情報センター 「SOFTIC契約セミナー」係
TEL:03-3437-3071
FAX:03-3437-3398
E-mail: sysk-seminar@softic.or.jp


■SOFTICシステム開発紛争判例研究会

座長 吉田 正夫※ 弁護士、スクワイヤ外国法共同事業法律事務所
メンバー 井上 乾介※ 弁護士、アンダーソン・毛利・友常法律事務所
  大谷 和子 株式会社日本総合研究所 執行役員法務部長
  片山 史英※ 弁護士、虎ノ門南法律事務所
  新間 祐一郎※ 弁護士、東啓綜合法律事務所
  曽我部 高志※ 弁護士、水谷法律特許事務所
  武田 勝弘※ 弁護士、法律事務所リーガルビジョン
  野々垣 典男 プロメトリスト 代表 (元JTB執行役員)
  松尾 剛行※ 弁護士、桃尾・松尾・難波法律事務所
  松島 淳也※ 弁護士、松島総合法律事務所

このページトップへ


sysk-seminar@softic.or.jp

2020-02-19 10:59 更新